食べること、飲むことを中心とした、生活日記


by cetaittresbon
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

しゃぶしゃぶ と 肉スライサー購入♪

c0024980_1444110.jpg

夕食に、スイス友人カップルと、その同僚のスイスー日本人カップル、そしてM子さん夫婦と一緒にしゃぶしゃぶをしました。
5月にしゃぶしゃぶというのもどうかなあとは思っていたのですが、和食が好きなスイス友人カップルがフォンデュ シノワは食べても、しゃぶしゃぶを食べたことはないと言うのと、彼らはうどんが大好きなので、是非しゃぶしゃぶの〆のうどんを食べさせたかったことと、この機会を逃すと、もっと暑い日々になってしまうと思い、今回はしゃぶしゃぶを強行することにしました。
都合の良いことに(?)、ここ最近肌寒い日が続いているジュネーブ。
しゃぶしゃぶでも違和感のない寒さでした。



c0024980_1493522.jpg

まずはアペリティフ。
Globusで購入した行者ニンニクペーストをマスカルポーネと混ぜたものを市販のパイ生地に詰めたもの、ツナ缶、マヨネーズ、エシャロットの微塵切りを混ぜたものを、中身を繰り出したプチトマトに詰めたもの。
飲み物は、コチラの更新でも紹介しましたハイビスカスのシロップ漬けを、発泡酒で割ったもの。
今回、スイス友人Sが、ハイビスカスそのものも食べることが出来ることを発見し(というより、説明書きを読んでくれただけですが)、食べてみたところ、美味しかったです。
今まで捨ててしまっていたのが悔やまれます・・・。

今回の集まりは、スイス友人Sが取り持った仲(?)の集まりです。
弁護士の卵であるスイス友人Sが研修している、弁護士事務所の弁護士であるJさん(スイス人)の奥様が日本人で、JさんとM子さんは、弁護士の会議で既に面識がありと、狭いジュネーブならではの繋がりから、一度食事でも・・・と話していたのが、今回実現したのでした。
ついでに言うと、同じく弁護士であるカナダ友人Pも又、別の会議でM子さんさんと面識があり、前に我が家でアペロをした時に、
”あ~、前にOOの会議で会いましたよね”
となったのでした。
本当に狭い!


c0024980_1562696.jpg

今まで、しゃぶしゃぶ用の薄切り肉は、日本食材店で買っていたのですが、やはり高価なので、お好み焼きや焼きソバ、肉野菜炒めなどに使うのはもったいないと、ベーコンで代用していました。
それで、3年位前から、肉スライサーが欲しいなあとは思っていたものの、場所を取るのと、値段がピンからキリまであり(70フラン位から600フランくらいまで)、一体どれを買ったらいいのやら、分からなかったので、そのままでした。
でも今回、8人分のしゃぶしゃぶ肉を用意するのを機会に、色々とお店を下見して、とうとう買ってしまいました。
余り安いのも、切れなさそうな気がするものの、そこまで高いものは買いたくないので、Bosch製の190フランの、どちらかというと小型のものです。
今日の肉スライスは、スイス友人Dとぶぶがやってくれたのですが、かなり本格的なしゃぶしゃぶが出来ました!
いつもは、かなりケチケチとお肉を食べるのですが、今日は心置きなくたっぷり食べることも出来て、大満足。
日本人&スイスー日本人カップルはもちろんのこと、スイス友人カップルも喜んでくれて、良かったです。
先日、アメリカ友人H夫婦を招いての鶏の水炊きの際に、キャベツがなかなか煮えなくて失敗だったのと(こちらのキャベツは、ちりめんキャベツと尖がったキャベツ以外、すごーく固いのです。)、私は鍋物の白菜、余り好きではないので、今回は、一時鍋物に入れるのに凝っていたレタスを使用。

先日のカナダ友人カップルに続き、このスイス友人カップルも、豆腐の美味しさに驚いていました。
思うに、皆さんBIOのお店の固い豆腐しか食べたことがないので、豆腐に対して、私達日本人とは違うイメージを持っているようです。

大活躍のスライサーですが、難点は、片付けが面倒だということ。
買った時には、
”これで、ちょっと肉じゃがとか、炒め物、なんていう時にも気軽に薄切り肉が使えるわ~”
なんて思っていたのですが、実際には、それ程気軽ではありませんでした・・・。

大量にスライスして、冷凍保存しようかとも思ったのですが、それもどうかなあ。
切りやすいように、お肉は事前に冷凍庫で半冷凍するのですが、スライス後にまた冷凍したら、どの位味が落ちてしまうでしょうか、又は、衛生上良くないでしょうか。
トラックバックURL : http://tresbon.exblog.jp/tb/14347222
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yas-unprescribed at 2010-05-11 07:16
スライサー買われたんですね!!!! 
素晴らしい!! 料理の幅が広がりますよね、薄切り肉があると。
でも、片付け確かに面倒そうですね。。。 

家で切って冷凍した方がお店で霜が下りてる様なお肉買うよりは
鮮度はいいんじゃないんでしょうかねぇ。

このウェブサイトによると味が落ちるけど再冷凍はしても大丈夫な用です。
http://www.fsis.usda.gov/Fact_Sheets/Focus_On_Freezing/index.asp#14
よかったら参考にどうぞ。

ところで、上の写真に写ってる樽、すっごい素敵ですねー!!!!!!!!
Commented by cetaittresbon at 2010-05-11 07:38
*Yasさん:買ってしまいました!そうなんです、片付け、かなり面倒なんです。何といっても生肉なので、使用後に歯の部分など全部解体して洗い、本体も綺麗にふき取り、また組み立てなくてはいけないのです・・・。
ウェブサイト、有難うございます!
次回はたっぷりスライスして、冷凍保存を試してみようと思います。

樽、Peissy村のワイン祭りに行った時に(こんな感じの祭りでした http://tresbon.exblog.jp/12931168 )、100フランで売っていたのを予約し、後日取りに行ったんですよ。
色がもっと薄かったので、オイルを塗りこんだのですが、もっとアンティークっぽくしたいので、又近い内に塗る予定です。
あと、湿度の関係で、中身の入っていない樽は金具が緩んでくるのだそうで、自分達でビスを沢山打って固定しました(メタル用の先っぽをつけたドリルで穴をあけて、ビスを打ち込みました)。
今月末にも、ジュネーブ州最大のワイン祭り、Cave ouvertがあるので、もしかしたら、使用済の樽を売っている醸造所もあるかもしれませんよ。
下記、サイトです♪
http://www.opage.ch/lesvinsdegeneve/agenda-caves-ouvertes-10-en.html
Commented by にょっき at 2010-05-11 22:38 x
スライサー、私も思わず反応!
私も迷っているんだよねぇー。今はお肉屋さんに頼んで薄切りにしてもらってるけど、やっぱり数日前に予約しないといけない(電話でもOK)から面倒といえば面倒で・・。知り合いの方もパン用のスライサーで半解凍したお肉を切ってるって言ってたよ。

お部屋(樽ももちろん!)いつも素敵だよねぇー。私達の今度の家はかなり手抜きです。夫婦揃ってなんだかインテリアにやる気がなくなってしまって・・。見習いわねば!
Commented by cetaittresbon at 2010-05-12 02:12
*にょっきさん:ドイツにいる時から、スライサーあったらなあとは思ってたんだけど、あの時は学生だったし、そもそもお肉自体にあんまり縁がなかったしね~・笑。ミュンヘンでも、周りの日本人は、”あのお肉やさんだと、ちゃんと把握してくれてるから、日本の薄切り肉位に切ってくれるらしい”という情報が飛び交ってました。
そうそう、事前に注文しておけば、切ってくれるんだけれど、それもちょっと面倒だよね。思いたって使いたい時ってあるしね。
私の買ったのも、どちらかと言うと、パン用かも。この値段のカテゴリーだと、サラミや干し肉は切れないと言われたよ。

部屋、引っ越してからは、少しずつ好みのものに替えていっているけれど、それまでは本当に狭かったから、妥協して、大きさだけで選んだ家具ばかりだったよ。ミュンヘン時代に至っては、前の住人から引き取った家具だったし。
にょっきさんも、きっと長く暮らす家が見つかったら、愛着も沸いて、色々と好みにしつらえたくなるんじゃないかしら~。
Commented by yas-unprescribed at 2010-05-12 10:49
Tresbonさん、
リンクの記事読みました! 僕も行ったんですよー。
余り飲まない僕も一杯飲んで凄く楽しかったです(^_^)
お気に入りのデザートワインも買ったし!
しかもブログ見て気づいたのが、この売りに出てた樽、僕達も見つけて、
てっきり樽の上の物が売りに出てたのかと勘違いしてたんです。
今月末のワイン祭り、楽しみですね!!!
Commented by cetaittresbon at 2010-05-14 07:45
*Yasさん:ワイン祭り、yasさんも行かれたんですね!私もそんなにお酒、強くないのですが、雰囲気が好きです。
そして、この樽、ご覧になっていたとは・・・!
これは小さい方で、もっと大きなサイズもあるそうです。
醸造所の方は最初、私達が大きな方を注文したと勘違いしていて、”普通の車では運べないですよ。うちのトラクターを貸しましょう”とまで言って下さったんです。見ず知らずの人に、車を貸してくれるなんて、のんびりしたジュネーブだからかなあと思いました。
ワイン祭り、天気が回復してるといいですね!
by cetaittresbon | 2010-05-08 00:00 | 友人と家ごはん | Trackback | Comments(6)