食べること、飲むことを中心とした、生活日記


by cetaittresbon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

揚げないメンチカツ と 授乳

c0024980_702351.jpg

デパートManorの地下食料品売り場で、カジキマグロがとても美味しそうだったので、ライム、薄切りの玉葱、コリアンダー、塩、胡椒、ココナツミルクでセビーチェにしました。


c0024980_704714.jpg

今日のメインは、こちらのレシピでずっと作りたいと思っていた、揚げないメンチカツ。
しゃぶしゃぶ用の豚肉の代わりに、6mm厚さ位で売っているバラ肉を肉たたきで叩いて薄くし、中身は、豚挽き肉、玉葱の微塵切り、塩麹を混ぜたもの。
とてもジューシーに出来上がり、本当に美味しかったです。
ばら肉、叩いている途中で力尽きて、ちょっと分厚かったのが反省点なので、体力回復したら、また作ろうと思います。



ところで。
友達とも話していたのですが、新生母と授乳って、どうしてそこまで熱くなるテーマなんでしょうね。

私は、妊娠中、そういう気分になれなくて、育児書などは一切読まなかったので、今読みながら勉強中です。
なので、出産した時は、病院で、とにかく助産婦さんの言うことを、ふんふんと聞いていたのですが、この”授乳”が、かなりストレスでした。
母乳で育てようとは思っていましたが、もし出なかったら、その時は粉ミルクでいいじゃない、位の気持ちだったので、もし母乳が出なくても、自分自身はそんなにストレスにはならなかったと思うのですが、今回入院中に思ったのが、自分でストレスでなくても、助産婦さんたちにプレッシャーをかけられる!ということです。

私の場合は、母乳は出るのですが、赤ちゃんの顎の力がなかった所為か、体力がなかった所為か、飲んでいる途中で寝てしまうので、充分に上げられず、不足分は、搾乳した分+充分な量が取れるまでは粉ミルクを、哺乳瓶であげていました。

でも、そのあげる順番、搾乳と授乳の時間の間隔など、色々な考え方があるのです。
なるべく授乳に早く慣れるように、何度も起こしながらでも授乳、どうしても駄目だったら哺乳瓶をプラス、というのと、とにかく体重を増やす為にも、赤ちゃんが楽な哺乳瓶でとりあえず必要な量を飲ませて、それから授乳の練習、というのが大まかな違いですが、それについてももっと細かく意見の違いがあります。

すごいなあと思うのが、入院中、毎日担当の助産婦さんが変わったのですが、見事に全員、違った意見、テクニック(?)を持っていることで、毎日、前日の助産婦さんの言うとおりに授乳している私に、
”それでは駄目でしょう、こうしなくちゃ。赤ちゃんの体重が落ちているから、すぐにでも何とかしなくちゃ”
と言うので、それがかなりストレスでした。

ただでさえ、大量出血で頭は割れるように痛いし、トイレに行くだけでもフラフラする位の貧血なのに、毎日色々言われるのにゲンナリして、ある日、話の分かりそうなサバサバした助産婦さんが担当だった時に、
”でも、皆が皆違うことを言うし、私に注意されたって、私は言われた通りにしているだけだから、困る”
と言ったら、授乳が専門分野な助産婦さんを呼んでくれました。

その助産婦さんは、他の助産婦さんのように、自分の意見が正しいという主張もなく、ゆっくり丁寧に説明してくれたので、本当に良かったです。
・赤ちゃんは、生まれてすぐは、取り込むものよりも出すものの方が多いので、体重が減るのは普通のこと。
・一週間位で、生まれた時の体重に戻れば、優秀だということ
・最終的には、お母さんが正しいと思う方法でするのが一番だということ

を説明してくれました。
それでかなり気分もすっきりし、その後は、他の人に色々と言われても、聞き流し、自分が良いと感じるリズムでしています。
そのストレスもあって、まだ体力が100%回復しないまま、退院したのですが、早く家に戻って良かったです。
退院後は、前もってコンタクトを取ってある助産婦さんが、6回程通って来てくれるのですが、それがとても感じの良い女性で、ちゃんと説明、考えを聞いてくれる(ここ重要ですよね)ので、相談しながら、自分が良いと納得した形で授乳を続けていたら、今はもう、飲みすぎじゃない?という位、毎回授乳中に疲れて寝てしまっていたのが嘘のように、沢山飲んでくれています。

それにしても、本当、ここまで授乳について色々言われるとは、思ってもいませんでした・・・。
三分の二の助産婦さんが、赤ちゃんと私の世話というより、授乳に情熱を傾けていて、私の貧血、頭痛は、見事に聞き流されたのも、ええーっという感じだったのですが。

誤解のないように書いておきますが、助産師さんたちは皆さん、本当に親切に良くしてくれたんですよ。ただ、授乳指導への情熱ぶりに、そこまで熱くならなくても・・・と、引いてしまったのでした。

あとは、お医者様方は皆さん本当に冷静で的確で親切で感じが良く、救われた部分も多かったです。

これから出産される皆さん、もし授乳について色々言われても、本当に個人差がありますし、結局、一番よく分かるのは、実際に授乳している自分なので、1意見として聞いておいて、自分でよいと思う形でするのがベストだと思います。
トラックバックURL : http://tresbon.exblog.jp/tb/18120447
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2012-06-19 16:47
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cetaittresbon at 2012-06-19 18:47
*鍵コメさま: ありがとうございます!
逆に、赤ちゃんの世話だけだと煮詰まりそうなので、気分転換にいいんですよ。
あと、小さいうちから色々な人に慣れてくれた方が、あとあと楽ですし。

ね、変な習慣ですよねー。
じゃあ、ベビーシャワーパーティーを、夫抜きですればいいと言われたのですが、招待客の半分くらいが男性の友達になると思うので、夫だけいないのも、何となく変ですしね・・・。
by cetaittresbon | 2012-06-18 00:00 | 食べること | Trackback | Comments(2)