食べること、飲むことを中心とした、生活日記


by cetaittresbon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

一時帰国 神戸、大阪、京都

c0024980_06083327.jpg
12月の後半は、クリスマスを挟み、母方の祖母の見舞いを兼ねて神戸、大阪、京都に行って来ました。
一時帰国の時の母との恒例の旅行です。
祖母は、もう101歳なので、老人ホームに入っていて、やはり疲れが出るのが早いので、初日に30分、翌日にも30分会えるのが精一杯なので、その為に東京から行くのもかなり遠いのですが、それでも訪ねるのを楽しみにしてくれていますし、刺激になるので、行く甲斐はあります。
祖母のお見舞いの後は、母との旅行のスタート。

ここは叔母が連れて行ってくれた昭和レトロモダンっぽい雰囲気が素敵なハービスというビルに入っている中華でランチ。
上品な味付けでとっても美味しかったです。





c0024980_06085361.jpg
コースで頂いたのですが、お粥も美味しかった〜


c0024980_06090947.jpg
三日目、四日目は京都だったのですが、三日目のランチは平安神宮のうどん屋さん、岡北で。
その隣のうどん屋さん、山元麺蔵と共に大行列なのですが、山元麺蔵は一度行った事があるので、今回は岡北にしたのですが、この二軒、全く違ううどんですねー。
山元麺蔵は牛蒡天ぷらやちょっと居酒屋さんっぽい内容でカジュアルなのですが、こちらは上品なうどん。
すごく美味しかったです。
両方共好みです。


c0024980_06092704.jpg
夜は、何回か来たことのある料理屋さん、めなみで。
今回、居酒屋さんに行っていないので、ゆっくり堪能しました。

京都、本当に外国人観光客が以前よりも更に増え、外国人慣れしていると思うのですが、こういう値段も漢字で書いてあるような料理やさんにも、私たちが食事をしている間にも外国人観光客が入店し、お店の方が、慣れた様子で、見事な日本語英語で物怖じもせずにささっと対応しているのには、驚きました。



c0024980_06094357.jpg
ここのお料理も好きなので、満足〜。
今回は、サカナちゃんが色々と楽しめるようになったこともあり、サカナちゃん中心の予定ばかりなので、この大人向けの時間は、本当に貴重なひとときでした。
サカナちゃんは大好きなおにぎりを食べて満足。
ホテルまで徒歩五分位なので、すぐに帰って休めるのも贅沢です。

c0024980_06100249.jpg
c0024980_06102127.jpg
サカナちゃん連れなので、そう色々はまわれませんでしたが、京都らしさも楽しみました。
c0024980_06103328.jpg
翌日は、ホテルの近くの進々堂で朝食。
人気なので、すごく混んでいました。
コーヒーのお代わりも自由です。

c0024980_06104512.jpg
ランチは、祇園のokuで。
日本は、小さなサイズの子供用のトイレが色々な所にあったり、子供が”自分で”色々と出来るので、それがサカナちゃんには楽しかったらしく、何でも大人と同じようにしたがるようになりました。
このレストランでも、
”ママ、お茶がなくなったから、もらってくるね”
と、自分のお湯のみを持って、ウエイトレスの人に、
”お茶、お代わり下さい”
と、さっさと聞きに行っていました。

c0024980_06105954.jpg
最後に、今回の京都のホテル。
京都ロイヤルパークホテル
に宿泊したのですが、とても好きなホテルでした。
今回の旅行の中では、一番狭かったのですが、そんなのは全く気にならない位。
次回もここに泊まりたいなー


トラックバックURL : http://tresbon.exblog.jp/tb/25203431
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まいける at 2016-01-20 15:01 x
今年の暮れから正月は、暖かな日和でした。 こちらもひ孫による祖母(両方とも介護施設に入居中)訪問を正月の定番として実施しました。
さかなちゃんが一段と成長された様子で、嬉しいことですね。
Commented by cetaittresbon at 2016-01-22 18:36
> まいけるさん
そうですね、過ごしやすい快晴のお天気でしたね。
お祖母様も喜ばれたでしょうね。
by cetaittresbon | 2015-12-26 00:00 | 一時帰国2015冬 | Trackback | Comments(2)