食べること、飲むことを中心とした、生活日記


by cetaittresbon
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フライブルクとアルザス

c0024980_05374208.jpg

フライブルク2日目。

街に繰り出し、途中お気に入りのカフェでコーヒーを飲んだり、パン屋さんで美味しそうなパンを買って食べ歩きしたりしながら、大聖堂の朝市へ到着。ドイツは美味しいパン屋さんがあちこちにあるのも好きです。
ジュネーブでは好きなパン屋さんがないので、こういう日常が羨ましいー

c0024980_15265457.jpg

この朝市は月曜から土曜まで毎日立ち、フランスの週末の朝市と違って、チープな洋服やさんなどはなく、歩いているだけでワクワクします。
朝市好き&厳しい目を持つ友人夫婦も気に入っていました。

c0024980_02124439.jpg


どんどん増える荷物を持ちながら、ざっとフライブルクの街を散策し、車に荷物を入れ、そのまま車でアルザスへ。

c0024980_02124550.jpg


週末なので混んでいるかと思ったら、大間違い。かなり空いていました。
ランチはkaysrsbergのレストランで。
三年前に改装したそうで、びっくりする位モダンになっていました。

ランチのコースを注文。
前菜はアスパラガスのババロア

c0024980_02124562.jpg


メインはタラ

両方共美味しかったのですが、最近こういうフランス料理よりも、昨晩、農家のレストランで食べた素材重視のシンプルな料理の方が好みです。
フランス料理は、少量ずつ凝った驚きのある料理、伝統料理以外は余り惹かれなくなってしまいました。
http://www.vieilleforge-kb.com


ワインがとても美味しかったので、ammerschwihrにあるカーブを訪ねて、少し購入。
好きだったアルザス料理のレストラン、通称"緑の木"が見当たらないので、カーブの人に聞いたら、三年前に閉店し、今はミシュラン一つ星のモダンなフランス料理になったそうです。
閉店は寂しいけれど、新しいレストランも試してみたい。

c0024980_02124695.jpg


kaysrsbergの後は、riquewihrへ。
実は、今回のアルザス行きのメインはここでワイングラスを買うことでした。
10年以上前から少しずつ手拭きのクリスタルのアルザスワイングラスを集めていて、我が家の着席のゲスト数8個が集まったところで落ち着いていたのですが、先日夕食会をした時に割れてしまい、その場にいた友人夫婦が車だし連れて行くよと言ってくれたのでした。
でも、残念な事に、もう生産の見通しが立たなく、そうなると買う人のないバラ売りだと数個の売れ残りが出てしまうので、六個売りしかしないのだそうです。
少し高価なグラスなので、六個買いはちょっと無理です・・・
なので、家に残っている7客を大切に使う事にします。


c0024980_02124677.jpg


フライブルクに戻り、友人夫婦はジュネーブに戻り、私達はお寿司を食べに行きました。
サカナちゃん大喜び!
c0024980_02124755.jpg




歩くのが好きでないサカナちゃんですが、フライブルクは昨日買ったボートを水路で漂わせながら、いくらでも歩きます。







トラックバックURL : http://tresbon.exblog.jp/tb/26607474
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cetaittresbon | 2017-04-22 07:00 | 旅*アルザス | Trackback | Comments(0)