食べること、飲むことを中心とした、生活日記


by cetaittresbon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Straussenwirtschaft

c0024980_18511441.jpg

フライブルグをぶらぶらした後は、この旅の最大の目的、白アスパラガスを食べに出かけます。
目的地は、普通のレストランではありません。
フライブルグの本屋さんでは毎年、このような冊子を買うことが出来ます。
ここには、70軒以上もあるStraussenwirtschaftのその年の情報が分かりやすく載っています。
Straussenwirtschaftというのは、飲食店の形態のひとつです。
農家を兼ねていて、店で出す食べ物、飲み物の80%が自家製というのが特徴なので、大抵のお店は、畑の真ん中にあります。
そして、大抵のお店が年に4-6ヶ月しか営業していません。




c0024980_18533764.jpg

私のお気に入りのお店も、フライブルグ郊外のアスパラガス畑のど真ん中。
庭では、ワインの樽のバーが用意されています。
もちろん、ドイツらしい木の温もりの感じられるレストラン内で食事も出来ます。
でも、天気の良い日には、芝生でゴロリとしたくなりますよね。
その希望も叶えてくれます。





c0024980_1854846.jpg

入り口に積まれた布たち。
これはゲストに用意された、敷物です。
必要なだけ取って、庭の好きな場所に広げます。
(でも、昔の私だったら、この誰が使ったか分からない敷物の上でごろり、なんてとても出来なかっただろうなあ・・・)




c0024980_18544027.jpg

この杭の番号をテーブル番号として、注文を取りに来ます。




c0024980_1855165.jpg

フォークやナフキンは、このテーブルの上から、セルフサービスです。




c0024980_18561257.jpg

目の前にはアスパラガス畑が広がります。
ね、本当に”採れたて”なのでございます。




c0024980_18564382.jpg

同じドイツでも、この辺りはミュンヘンとは違って、ビールよりワイン(特に白ワイン)を飲むので、私達も白ワインを注文。
ぶぶがRiesling,私はSilvanerを頼んだのですが、グラス一杯2Euro=250mlです!!




c0024980_18573185.jpg

そして、ぶぶの頼んだものは、ここのお勧め(こういった情報も冊子に載っています)のWinzersteak。
こんなに美味しいお肉は久しぶり!というくらい、肉の味が濃くて美味しかったです。




c0024980_18582435.jpg

私はもちろん、白アスパラガス。
ソースも、自家製ハムも、追加で頼んだパンケーキもとっても美味しく、白アスパラガスも美味しかったのですが、日本人の私には、かなり茹ですぎでした。
でも、どこのレストランでも、かなり柔らかく茹でてあるんですよね・・・。
残念!



c0024980_1859038.jpg

お腹が一杯になったら、ごろりと一休み。
のったらくったらと、至福のひと時でした・笑
トラックバックURL : http://tresbon.exblog.jp/tb/5990473
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 建築家の旅 塚口明洋 at 2007-10-06 20:24
タイトル : フライブルグのレストラン
2007年8月21日から8月31日にミュンヘン、フライブルク、 シュトゥットガルト、フランクフルトからケルンを旅しました。 フライブルグのレストラン 夕方に教会前の広場で飲むビールは最高です。 陽が傾きややらかい光の中で建物が一番美しく見える時間です。 夕方になると歩いている人たちも楽しそうに見えます。 歩き疲れて喉が渇いた時に飲むビールはおいしい。 500mlが3.7ユーロ。 水路が美しい石畳の町を歩き、夕食の場所を探す。 結局、最初に見かけた細い道沿いにあるレストランにする。...... more
Commented at 2007-05-02 20:04
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cetaittresbon at 2007-05-03 01:03
*鍵コメさま:有難うございます!
お陰さまで、何だかやたらにハイテンションで、無謀な模様替えのアイデアが浮かんだり、大整理をし始めたり、動き回っております・笑。

私も鍵コメさまの更新、楽しみにしています♪
これからも宜しくお願いいたします!
Commented by reremimi2 at 2007-05-04 07:02
これは楽しそう♪行ってみた~い!!
フランスにもこういう形態あるのかしら?
調べてみなくては!!!
の~んびり、シンプルでおいしいものを食べる幸せ♪
いいなあ。
そうそう。ワタシの中でもアスパラガスは歯ごたえが命!と思っているので・・・・
でも、ブロッコリーやインゲンなども日本で期待する食感に比べたら、
くたくた~すぎて、えっ?と思うことありますよね。
Commented by cetaittresbon at 2007-05-05 05:52
*reremimi2さん:すごく楽しいですよ~。ぶぶに聞いてみたのですが、フランスやスイスに同じようなものがあるかは知らないようです。スイスでは、建国記念日など、時々、農家で朝食を、というのはあるんですけれど。
このStraussenというのも、ドイツ全土にある訳ではなくて、例えばミュンヘンの友人は誰も知りませんでした。
もしかしたら、Freiburg周辺独特のものなのかもしれませんね。

アスパラガス、ステーキみたいに湯で加減をリクエスト出来たらいいのに!!!
by cetaittresbon | 2007-04-28 00:02 | 旅*ドイツ | Trackback(1) | Comments(4)