食べること、飲むことを中心とした、生活日記


by cetaittresbon
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:旅*ドイツ( 67 )

フライブルク最終日

c0024980_02271893.jpg



ゆっくり起きて、朝食の後はまたボートを連れてお散歩。
日曜日でお店が閉まっているので、純粋にお散歩を楽しめます。
c0024980_02271928.jpg


c0024980_02271980.jpg


c0024980_02272065.jpg




c0024980_02272162.jpg


途中何軒かのパン屋さんでパンを買いだめ。
c0024980_02272110.jpg



c0024980_02272273.jpg



c0024980_02272281.jpg


ランチに向かったのはビール醸造所。
混み混みで相席させてもらったので、予約は必須かも。
c0024980_02272303.jpg


白アスパラガス好きな私はここでも白アスパラガス。
スイスのは水っぽい気がするので、美味しいフライブルクで食べておきます。
http://www.feierling.de

c0024980_02272370.jpg




食事の後は、またボートちゃんをお散歩させて歩きまわった後、列車でジュネーブへ。

サカナちゃんと旅行だと、この距離、この街の規模がぴったりだったようです。サカナちゃんも、楽しいねえ、幸せだねえ、と言っていました・笑
by cetaittresbon | 2017-04-23 07:00 | 旅*ドイツ | Trackback | Comments(3)

フライブルク

c0024980_06002112.jpg

ドイツのフライブルクに週末旅行。
久々にドイツの列車、ICEに乗ったのですが、スイスの列車と比べて重厚で綺麗で、最初、間違えて一等車に乗ってしまったかと思いました・笑。

フライブルクに着き、チェックインした後はランチへ。10年以上前に住んでいた頃に何回も行った学生居酒屋風のお店に行ったのですが、10何年も経つと舌が肥えてしまい(?)、ちょっとがっかり。

ランチの後は、街歩き&買い出し。
ドラッグストア系は特にスイスより安く、半額位です。

c0024980_06054203.jpg


フライブルクは水路が街中にあり、子供たちが紐付きの小さなおもちゃのボートを引っ張っているのを見て、サカナちゃんが欲しがり、旅のお小遣い5ユーロは街歩きスタート1時間弱で消えました。

c0024980_06002274.jpg


夕食は、私達の滞在に合わせてフライブルク入りしてくれた友人夫婦と、農家のこの時期だけ開いているレストランへ。写真は白アスパラガス畑。

c0024980_06002243.jpg

レストラン、かなりモダンになっていて驚き。


c0024980_06002365.jpg


ここは相変わらず美味しかったー
アスパラガス産地出身の友人旦那さんも、この白アスパラガスは美味しいと言っていました。

http://www.griestal-strausse.de

by cetaittresbon | 2017-04-21 07:00 | 旅*ドイツ | Trackback | Comments(0)

ベルリン 2

c0024980_0302224.jpg

9時過ぎにのんびりと起きて、これまたのんびりと支度をして、チェックアウト。
この日は、ベルリンに住む友人と、彼女の職場の近くのカフェでランチの約束だったので、最寄り駅のAlexanderplatzへ。
ついでに、ここから空港への列車にも乗れるので、スーツケースも駅のコインロッカーに置きました。

More
by cetaittresbon | 2013-11-26 00:00 | 旅*ドイツ | Trackback | Comments(0)

ベルリン 1

c0024980_2358324.jpg

朝7時15分のEasyjetでベルリンに一泊旅行に行きました。
早い時期に予約したので、ぶぶと私はそれぞれ往復40フランだったのですが、Easyjetは幼児も料金がかかり(座席はもらえません)、それは両親の料金や距離などに関係なく、一律62フランなので、今回はサカナちゃんの方が飛行機代が高いという変な結果。

ベルリンに着いてホテルに向かったのですが、普通の列車からSーBahnに乗り換えようとしたら、なんと12月中旬頃までS−Bahn工事中で、代替バスでの移動でした。でも、バスは電車に比べるとずっと小さいですし、街中を走るので渋滞に巻き込まれ、たった二駅なのに、40分程かかり、バスの中は混んでいるしで大変でした・・・。
帰りは、UーBahnで空港行きの列車に接続する駅まで行く事にしました。

今回はPotzdamerplatzのグランドハイアットに宿泊したのですが、他の都市のハイアット系のホテルに比べてすごーくお手頃価格で、とっても素敵な内装でした。
特にバスルームは、日本のように洗い場のある、シックでモダンなものです。
そして、ベビーベッドには子供用のバスローブやスリッパ、小物など。
こんなに充実したベビベッドは初めて。

More
by cetaittresbon | 2013-11-25 00:00 | 旅*ドイツ | Trackback | Comments(0)

ハンブルグ 買ったもの

c0024980_9104234.jpg

セールで安くなっていた、フィスラーの蓋とソースパン。
蓋は別にセール品として並んでいなかったのですが、蓋についている価格が、棚の価格よりもずっと安かったので聞いてみたら、
”以前のキャンペーン価格で、この1個だけがその時の売れ残りなので安いままなのです”
だそうです。
”ということは、この現品だけですよね?
でも、別に傷もないし、これにしようかしら”
と言うと、
”新しいものに、シールだけはりかえますよ”
と、新品を出してきて、展示品からシールを張り替えてくれました。
でも、その間のやりとり、笑顔なしでずーっとぶっきらぼうなまま。
今回の旅行で感じたのですが、ハンブルグの人、口調が断定的だし、単刀直入で営業スマイルがないので、最初、うわ、怖いかも・・・と思ったのですが、実はとっても親切です。

これでフィスラー製品で買いたいと思っているものは、小さい方の蒸し籠だけ。
これも急いでいないので、セール価格で売っているのに遭遇した時に買うことにします。

下にあるのは、GEFUの卵の黄身と白身を分けるもの。

More
by cetaittresbon | 2010-11-29 00:03 | 旅*ドイツ | Trackback | Comments(2)

ハンブルグ ホテル

c0024980_8485950.jpg

今回は、ドイツのチェーンのビジネスホテル、Motel Oneに泊まったのですが、とても良かったです。値段もとてもお手頃ですし、場所も便利。
部屋も狭いのですが、とてもよく考えられていて、狭さが苦になりません。
滞在を楽しむ旅は別として、ホテルは寝に帰るだけ、という場合、清潔で気持ちよく過ごせますし、ぶぶは、今後もドイツではこのチェーンに泊まろう!という位気に入っていました。
ビジネスホテルなのですが、
・ラウンジの飲み物の値段も手頃
・バスタオルなどが分厚くフカフカ。安いホテルにありがちな、消毒液のような嫌な臭いがしない
・壁が厚いのか、廊下や隣室の音が殆ど聞こえない
・バスルームもとっても狭いのに、広く感じる設計
・とにかく場所が便利
・掃除のスケジュールも、チェックアウトなどの情報を元にされているようで、無駄がなく、結構早い時間でも、部屋の準備がちゃんと出来ていました

などなど、ビジネスホテルとしての、気持ちよく過ごす為のサービスのコンセプトがちゃんと出来ている感じです。

隣に、Adinaというアパートメントホテルがあったのですが、サイトで見る感じ、このチェーンも良さそう。

More
by cetaittresbon | 2010-11-29 00:02 | 旅*ドイツ | Trackback | Comments(0)
c0024980_8382632.jpg

ハンブルグには本当に沢山のお店があるのですが、中でもキッチン雑貨のお店で、気に入った場所を4軒ご紹介。
まずは、Manufactum
とは言っても、ここはハンブルグに限らずお気に入りのお店で、Manufactumのある街に行くと、必ず寄るのですが・・・。

More
by cetaittresbon | 2010-11-29 00:01 | 旅*ドイツ | Trackback | Comments(4)
c0024980_85154.jpg

この日の朝食は、ホテルの近くにあるDat Backhusへ。
ここは、ハンブルグのチェーンのようで、色々な場所で見かけたのですが、気持ちの良い空間で、食べ物も飲み物も美味しいです。

More
by cetaittresbon | 2010-11-29 00:00 | 旅*ドイツ | Trackback | Comments(2)
c0024980_7263918.jpg

お昼寝(?)をして元気を取り戻したので、お昼を食べに、またまた市庁舎前のクリスマス市へ。

More
by cetaittresbon | 2010-11-28 00:01 | 旅*ドイツ | Trackback | Comments(0)
c0024980_651545.jpg

この日は朝6時半にホテルを出発しました。
目的地に行くのは、また例の風俗繁華街(女性、子供立ち入り禁止の通りまであるそうですよ)を通ります。
朝も7時近いというのに、いくつかのお店はまだ、真夜中のように盛り上がって営業していました。
窓越しに、カウンターで飲む人々、大音響で踊っている人たちが見えるのですが、すごーく違和感・・・。
こんなに遅くまで営業している街、初めてなので、本当に不思議な感じでした。

More
by cetaittresbon | 2010-11-28 00:00 | 旅*ドイツ | Trackback | Comments(0)