食べること、飲むことを中心とした、生活日記


by cetaittresbon
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:トゥールーズの3ヶ月( 54 )

BBQ

c0024980_1812054.jpg


今日は最後の授業。私も含めて、今月で最後の人が結構いたので、少ししんみりした感じだった。休憩後の授業は、皆で先生とイタリア人主婦Enricaの作ってきてくれた、お菓子とパイなどをつまみながら、”Aux Champs-Elysees”を習って歌った。

Lotos主催で、夕方からは、トゥールーズ郊外の公園でBBQをした。
現地集合だったのだが、公園近くには着いたものの、どこが集合場所か分からない。電話して聞きながら進むと、何度も通りかかった、入り口の真ん中に棒の立っている所の中だった。
車で入ると、左右10センチも隙間がない、ぎりぎりのところなので、本当かなあと思いながらもそろそろっと入ると、今度は車高の高い車がくぐれない仕掛けが・・・。
それもそろそろ、っとくぐりぬけると、駐車場には結構車がとまっていた。

かなり広い公園で、他にも、2-3の大きなグループがBBQやピクニックを楽しんでいた。
Lotosの彼の同僚が沢山いたので、ほとんどドイツ人ばかりのBBQだったが、久々のドイツ雰囲気で楽しかった。
by cetaittresbon | 2005-05-27 18:08 | トゥールーズの3ヶ月 | Trackback | Comments(0)

トゥールーズ滞在もあとわずかとなってきたので、まだ行っていないレストランで、美味しいと聞いているところに行くことにした。
でも先週、ぶぶの同僚絶賛だったお寿司屋さんに行って、腐ったような、何ともいえないお寿司を経験したので(お腹壊しそうだったので、もったいなかったけれど、一口食べただけでお寿司は残しました・・・)、少し不安だったけれど、色々な旅行会社(ガイド)の、2005年のお勧め店シールが沢山貼ってあったので、行ってみる。

魚料理がメインのレストランで、品数はそんなに豊富ではない。
私は前菜にフォアグラのラビオリ、ぶぶはフォアグラのスライス、メインには、私は白身魚(ぷりぷりした感じの・・・何の魚だったか分かりません・・)のココナツミルク煮、ぶぶは鮭のグリル。前菜も美味しかったけれど、ココナツミルク煮が、丁度良く火が通っていて、特に美味しかった。たっぷりの野菜と一緒に蓋付のルクルーゼの鍋に入って出され、蓋を開けると、ふわっとココナツミルクの良い香りがする。
すごく病みつきになる味だった。

お腹一杯だったのでデザートはパスしてエスプレッソだけ飲んで帰ってきた。

Restaurant Emile
13.place st-georges
31000 Toulouse
Tel: 05 61 21 05 56
by cetaittresbon | 2005-05-24 18:03 | トゥールーズの3ヶ月 | Trackback | Comments(0)

焼きもちを焼くべき?


先日あるパーティーに、ぶぶと一緒に参加した時に、とても親切なイギリス人の男性(40代前半くらい?)と知り合った。とてもおしゃれで、ほっそりした人で、すこーし身振りがなよっとしている。彼は、イギリスでは定年退職し、フランス語を覚えたら、プロヴァンスでプチホテルを経営したいそう。まだフランス語初心者なので、会話の大半は英語だったが、すごく話も面白く、またゆっくり話したいと思わせる人だったので、ぶぶの携帯に番号を渡した。

その後・・・。
2-3日毎に、
”週末どうしてた?”やら、
”トゥールーズで感じの良いサウナ知ってる?”やら、
”どこか暗くてムーディーなバー知ってる?”
”今度バーに飲みに行こう”
など、続々とショートメッセージが入る。彼は、私達が結婚しているのを知っているので、別に深い意味はないんだろう、と最初は思っていたのだが、一番最近のメッセージは、
”髪に赤いバラを挿すの、好き?”
・・・・・・。
いったいどういう意味なのかしら~。
Lotosは、”きっと偽装結婚だと思われたんじゃない?イギリス、そういうの多いみたいだよ”なんて言う。
私達が勝手に、もしかしたらぶぶに気があるのかしら・・・と思っているだけで、向こうは何とも思っていないかもしれないし、何しろとても良い人なので、変なことを言って傷つけたくない。

今度のブラジリアンナイトで会う予定なので、どうなることか、様子を見てみよう
by cetaittresbon | 2005-05-23 17:59 | トゥールーズの3ヶ月 | Trackback | Comments(0)

語学習得の速度

かなり頻繁に聞かれたり、話題に上るのが、”誰々は、こんなに2年間もフランスに住んでいるのに、買い物程度のフランス語しか話せない”、”誰々は3ヶ月しか住んでいなのに、かなり話せる””半年も居るんだから、大分話せるでしょう?”というような、他人の語学力に関する話題。
それが”誰々は短期間でずいぶん話せるようになったよね”というような、ポジティブな話だと、聞いていて”うん、うん、そうだよね”と言い易いのだが、実際に聞くのは、ネガティブな話題が多い。

でも、フランスに同じ2年間住んでいても、
by cetaittresbon | 2005-05-18 23:50 | トゥールーズの3ヶ月 | Trackback | Comments(0)

田舎で乗馬


今日の課外活動は、郊外での乗馬。参加者は、Lotosと、日本人の女性と私の3人だけだった。最初に馬の世話を少ししてから、いざ乗馬。私の馬は、クロコディルという名前。攻撃的なのじゃないかと、心配になって聞いたら、大丈夫だというので一安心。ほとんど皆、初心者だったので、最初は手綱の持ち方から教わった。
郊外の牧場なので、本当に大自然で、景色がとてもすばらしかった。1時間ちょっと、歩いたり、少し駆け足をしたり、ととても気持ち良かった。
by cetaittresbon | 2005-05-12 18:24 | トゥールーズの3ヶ月 | Trackback | Comments(0)

Chez Jules 

授業の後、Lauretanaの買い物に付き合う。
彼女は6月末出産予定なのに、結局今月最後まで学校に来ることに決めたらしい。
彼女たちは、イタリアーフランス人のカップル。ドイツで仕事をしていて知り合ったので、夫婦内の会話はドイツ語と、私達と境遇が似ているので、彼女の話はとても参考になる。彼女の本業は精神科医で、子育てについても、精神面での本を沢山読んでいる。彼女の話によると、子供は2ヶ国語までは大丈夫だが、3歳までに3ヶ国語を聞かせるのは、混乱させるのでいけないらしい。彼女達は、彼の仕事の関係でフランスに留まる場合は、フランス語&イタリア語、もしドイツに戻る場合は、彼女がイタリア語、彼がドイツ語で話しかけ、フランス語は後で教える予定だそう。

今日は、
by cetaittresbon | 2005-05-11 18:11 | トゥールーズの3ヶ月 | Trackback | Comments(4)

テラスでお茶を

c0024980_23404035.jpg

今日はぶぶが17時半に帰ってきたので、散歩がてら、いつものCafeでお茶をした。天気が良かったので、店内はがらがら。私達も、テラスで紅茶と、3種類盛り合わせを頼んだ。今日は、レモンタルトと、サクサクのビスケット生地に、カラメルクリーム、バナナ、酸味の利いた生クリームのようなものでコーティングしたもの、そしてチョコレートファッジの3種類。ここのケーキは全てBIOである。素朴で私はとても好き。

取り置きしてもらっていた
by cetaittresbon | 2005-05-09 23:37 | トゥールーズの3ヶ月 | Trackback | Comments(0)
c0024980_5504427.jpg

手前は、私の頼んだ、トマトとリコッタチーズのミルフィーユ、アヴォカドのシャーベット添え。奥は、トマトとモッツァレラのサラダ。

1週間遅れてぶぶが Toulouseに来たので、市場で買い物の後は、久々の外でのランチ。
日曜のお昼は閉まっているレストランが多いので、結局、最初の頃によく行った、ホテルの近くのSt Tropezに行く。
ぽかぽか陽気だったので、テラスで食べることにした。ぶぶはランチメニューを、私は単品で頼んだ。

More
by cetaittresbon | 2005-05-08 05:46 | トゥールーズの3ヶ月 | Trackback | Comments(0)
c0024980_528588.jpg

部屋・・・ソファーをベットにしたところ


今日は、まずは私達の泊まっているホテルの紹介から。
台所付のホテルで、特別素敵ではないけれど、とても便利。中央駅から徒歩10分程、市の中心部から徒歩5分ほど。値段は、長く宿泊すればするほど、安くなる。
私達の泊まっている部屋は、台所、バスルーム、トイレ、居間兼寝室から成っている。ベットはソファーベットなので、折りたためば、友達を招くことも出来る。
掃除、ベットメーキング、タオルの交換は週に一回。ゴミは基本的に、自分で地下に捨てに行く。トイレットペーパーは、なくなったら受付でくれる。

More
by cetaittresbon | 2005-05-04 05:27 | トゥールーズの3ヶ月 | Trackback | Comments(2)

先生の当たり外れ

昨日から、また語学学校の授業が始まった。
・・・といっても、木、金と休みなので今週は3日間だけなのだけれど。

今月は最終月なので、同じクラスのPatriciaと一緒に、発音のクラスを取る事にした。
週2回30分で、今日が初日だったのだが、早速、取らなければ良かった、と大後悔。
すごく偉そうな先生で、やることもさっぱり訳が分からない。とても早口で、途中で質問しようとしても、させてくれないし、私達が話す時には、途中ですぐにさえぎる。今日は2人ずつのペアになって、何回もお互いの自己紹介をゆっくりさせられただけ。一応直されるのだが、その直し方もさっぱり分からない。

てっきり、リエゾンの仕方、読み方、母音の発音の仕方を習うと思っていた私達は、いったい今日何を習ったのか、さっぱり分からないままだった。
その上、先生の変な馴れ馴れしさも鼻につく。来週も同じ感じだったら、一言言おう、と話し合った。
でも、私達は、3ヶ月間、普通の授業は同じ今の先生で 本当に良かったと思う。私達の先生は本当に良い先生で、本当はレベル3は違う先生になるところだったのを、皆でお願いして、同じ先生にしてもらったのだ。
今日の発音のコースの先生が、普段の授業もだったら、私は1ヶ月も持たなかったと思う。
by cetaittresbon | 2005-05-03 00:27 | トゥールーズの3ヶ月 | Trackback | Comments(0)