食べること、飲むことを中心とした、生活日記


by cetaittresbon

<   2013年 12月 ( 27 )   > この月の画像一覧

揚げ豚

c0024980_122395.jpg

一時帰国中にテレビで見た、グッチ裕三のレシピで揚げ豚を作ってみました。
揚げ物なので、三十分程、台所から離れられないのが難点ですが、油っぽさもなく、ジューシーでした。

c0024980_12416.jpg

一時帰国から戻ると、チーズやハムが食べたくなることが多いのですが、今回は一時帰国中に続き、和風なものが食べたい気分。
by cetaittresbon | 2013-12-30 00:00 | 食べること | Trackback | Comments(0)

クリスマスランチ

c0024980_5413959.jpg

親戚の家で、少し遅れたクリスマスランチでした。

More
by cetaittresbon | 2013-12-29 00:00 | 催しもの・家族行事 | Trackback | Comments(0)

お好み焼き 大成功

c0024980_5285519.jpg

一時帰国前の更新で、お好み焼きについて書きましたが、今回、母が作るのを改めて見ていたら、キャベツの切り方に問題があったことが発覚。
スライサーで切ると、かなり薄切りになるので、ヨーロッパでのキャベツでも柔らかく焼けることは事実ですが、これが粉っぽいお好み焼きになってしまった理由でもありました。

日本のキャベツだと、蓋をしないでお好み焼きを焼く事が出来るので、ヨーロッパのキャベツでは、電気コンロではなく、カセットコンロを使い、蓋をして焼くだけでも柔らかく出来るのでは・・・と試したく、スーパーに買い物に行ったら、日本のキャベツのように柔らかい尖りキャベツのシーズンで、
”でも、私は一年中で回っている普通のキャベツで美味しいお好み焼きが出来るか実験したいのに”
と思いながらも、つい買ってしまいました。

そうしたら、蓋をしなくても柔らかく、日本で食べるのと同じようなお好み焼きが出来、かなり満足。
でも近い内に、普通のキャベツを使って作ってみなくては。
by cetaittresbon | 2013-12-28 00:00 | 食べること | Trackback | Comments(2)
c0024980_523784.jpg

少しずつぶぶにも慣れて来たサカナちゃんですが、相変わらずべったりなので、お昼はラーメンでささっと。
マクロレンズを使って撮影したのですが、マクロレンズだと、当たり前ですがかなり近い写真になるので、お皿の全体像を写したい時は、まだ普通のレンズの方が写しやすいです。
でも、マクロレンズの後ろがボケる感じと実際よりも少し美味しそうに見えるところも捨て難いので、もう少し練習してみます。


c0024980_5262325.jpg



c0024980_5264649.jpg

今回は、いつになくユニクロでたーくさん買った一時帰国でした。
こんなに買うのは初めてかも。
Tシャツ以外は、週末のセールで安くなっていたものばかり。
by cetaittresbon | 2013-12-27 00:00 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

おちょこ

c0024980_5191447.jpg

普段は、旅から帰って来た日に、全部片付けて洗濯なども済ませてすっきりしたいのですが、相変わらず環境になれなく不安定なサカナちゃんが優先なので、私にべったりひっつくままにさせているので、荷物の片付けも本当に少しずつ、掃除機をかける時間もないまま。

それでも、新しく買ったマクロレンズを試したくて、ちょこちょこと撮影。
これは、今回買って来た数少ない食器の一つ、伊勢丹で買ったおちょこです。
この色合いがとても気に入っています。
by cetaittresbon | 2013-12-26 00:00 | | Trackback | Comments(0)

クリスマス

c0024980_594944.jpg

三週間強の日本滞在中に、すっかりジュネーブでの生活も、そしてお父さん(=ぶぶ)のことも忘れてしまったサカナちゃん。
人見知りで抱っこされると拒絶するものの、基本的に両親のどちらかがいて、ある程度距離をおいていると愛想のよい子なので、昨日は、ぶぶのことを”面白いおじさんだな”と言う感じで、愛想良く接していたのですが、今日になって、
”他人の癖に私に馴れ馴れしい!”
という様子で警戒心を持ち、私が少しでも離れると大泣きするので、荷物の片付けも出来ず、もちろん夕食の支度も出来ず。

という訳で、冷凍ご飯などを使ってサカナちゃんのご飯だけ簡単に作り、ぶぶが昨日食べようと買ってきていて、疲れて食べなかったスモークサーモン、チーズ、サラダなどでクリスマスディナーとなりました。



c0024980_5103552.jpg

でも、まだ時差ぼけでクラクラだし、部屋は荷物が一杯&私たちが帰る前日に掃除をするつもりだったものの予想外のロンドンでの足止めで掃除が出来なかったぶぶなので、部屋が汚い、などで、全くクリスマス気分ではない一日でした・・・。
by cetaittresbon | 2013-12-25 00:00 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

ジュネーブへ

c0024980_22553888.jpg

ジュネーブへ。
どうかなと少し心配だったのですが、帰りもビジネスクラスで帰ることが出来、一安心。
自分だけでも楽ですが、幼児連れだと、スペースがあるかないかで、おとなしく遊んでくれるか騒ぐかに大きな違いがあります。
ロンドンへの一時間半のフライトよりも、ずっと楽でした。
椅子をフラットにして、寝袋に入れて寝かせたので、お昼寝も2時間、夜の就寝も6時間程してくれて、助かりました。

乗務員の方々もとても親切で、食事も美味しかったです。

今回、予想外なアクシデントは、ぶぶ。
週末にロンドン出張だったのですが、日曜日に帰るはずが悪天候で飛べず、ジュネーブに帰って来たのが、私たちの戻る数時間前。
もしぶぶがロンドンに足止めされていたら、チャイルドシートがない&荷物が多すぎる状態で、タクシーも利用出来ないので、クリスマスイブのこの日、誰に迎えを頼めるか、本気で考えてしまいました。

無事にぶぶが迎えに来てくれ、でも荷物が一杯で私たちは乗れないので、サカナちゃんと私は徒歩で帰宅しました。空港の近くに住んでいると便利です。
by cetaittresbon | 2013-12-24 00:00 | 一時帰国2013冬 | Trackback | Comments(0)

成田

c0024980_22465894.jpg

サカナちゃんが生まれて覚えた贅沢は沢山ありますが、その中のひとつが、一時帰国からジュネーブに戻る際の成田前泊。

ジュネーブに戻る飛行機は11時発と早く、9時にチェックイン&子連れで時間がかかるとなると、遅くとも8時半には成田に着きたいところ。そして我が家からは2時間から2時間半かかるので、六時のリムジンバスに乗らなくてはいけません。
私一人の時は、4時半起きでもなんでも、前泊なんてしなかったのですが、サカナちゃんと一緒だと、更に早起きしなくてはいけないし、そこまで早起きさせるのも可哀想なので、去年に続き、ホテル日航で前泊しました。

8月にリニューアルしたそうで、コンパクトながら綺麗になっていて、快適な滞在でした。

去年、ホテルの部屋でテレビを見ていて、とても気になるレストランがあったのですが、友人の出産の内祝いに頂いた薫製のオリーブオイルと醤油が、そのレストランのもので、とても嬉しかったです。
そして今年も、ホテルの部屋で見ていたのは、”俺のイタリアン”での人気の料理を当てる番組。
母のように、いくらお手軽で美味しくても、セカセカ立って食べたくない、という人も多いかもしれませんが、私は一度行ってみたいなあ。
雲丹&ジュレ&トマトのムースと、フォアグラと牛肉、トリュフの組み合わせが食べたい!
by cetaittresbon | 2013-12-23 00:00 | 一時帰国2013冬 | Trackback | Comments(0)

成城コルティで中華

c0024980_8284736.jpg

昨日に続き、今日も成城学園前でランチ。
高校の同級生親子と成城コルティ内の中華料理で。
結構色々なお店で食べているのですが、中華はいつも満席で入れなかったので、一度入ってみたかったのです。

More
by cetaittresbon | 2013-12-22 00:00 | 一時帰国2013冬 | Trackback | Comments(0)

ほしや

c0024980_8202513.jpg

中学の同級生たちと、成城学園前にある和食のお店、ほしやにランチに行って来ました。
ここに来るのも、ここ数年の一時帰国の定番です。
ランチは天ぷら御膳など1500円位のものもあり、気になるのですが、毎回
”せっかく年に一度の一時帰国だから”
と、3150円のコースにしてしまうのですが、これが盛りだくさんで、どれも手が込んでいて本当に美味しいのです。


c0024980_8204750.jpg

今回の一時帰国の外食で一番美味しかったと思います。
前は都心に出て夜集まる事が殆どだったのですが、ここ数年は、ランチの方が多く、それも成城でのランチが多いので、来年は、少なくとも二回は来て、一度は天ぷら御膳を頼んでみたいと思います。
by cetaittresbon | 2013-12-21 00:00 | 一時帰国2013冬 | Trackback | Comments(0)