食べること、飲むことを中心とした、生活日記


by cetaittresbon

<   2014年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

ロンドン 一日目

c0024980_6581392.jpg

友人の30歳の誕生日パーティーに参加する為に、一人旅でロンドンに行って来ました。
出産してから初めて、ぶぶとサカナちゃんなしでの三日間です。

私は金曜日の朝8時半に着く飛行機で出発したのですが、他のジュネーブからの友人たちは夜に到着するので、それ迄は一人行動。
ホテルにチェックインしてから、街歩き&買い物に出かけました。
今回、Dr Martenのブーツと、Butterflytwistの携帯用のレインブーツとバレリーナシューズを買いたかったのですが、Butterflytwist、ロンドン発なのに、東京だと成田空港でも売っているのに、ロンドンで置いている店舗が見つかりませんでした・・・。
サイトに載っている取り扱い店舗はどこも郊外で遠く、一軒だけ、行ってみようかと思ったのですが、友人に念のために電話してもらったら、取り扱いがないとのこと。
次回ロンドンに来る時に、サイトのオンラインショッピングで買って、ホテルに送ってもらうことにします。

一人ランチは、飲茶、和食、インド料理・・・と行きたいお店は沢山あったのですが、一人で入りやすそうなところ、ということで、ハンバーガーを食べにMeatliquorに行ってみました。
・・・全く一人で入りやすくありませんでした・笑。
お昼間なのに、クラブかというようなボリュームで音楽がかかり、皆さんグループでわいわい来ているので、少し寂しかったです・・・。
前回のロンドンでも思ったのですが、ランチから音楽がガンガンかかっているお店が結構あります。
そして、大人の私でも耳がガンガンするような中、赤ちゃん連れも結構多くてびっくり。

英語圏の人たちが声が大きいのは、こういうところから?と思ったりしました。

さて、ハンバーガーですが、時間をずらしたランチでも待たされただけあって、とても美味しかったです。

More
by cetaittresbon | 2014-02-28 00:00 | 旅*イギリス、アイルランド | Trackback | Comments(0)

トリュフ風味の茶碗蒸し

c0024980_6472522.jpg


最近気に入っているのが、キャベツとトリュフ塩の組み合わせ。
今日は茶碗蒸しにしてみました。

牛挽き肉を茹で、茹で汁にトリュフ塩で味付けし、卵と合わせ卵液を作る。
さっと茹でたきゃ別、挽き肉を底に置いた耐熱ボウルに卵液を入れて蒸す。
残りの挽き肉の茹で汁を煮詰め、トリュフ塩を加え、片栗粉を入れて餡を作り、蒸し上がった茶碗蒸しにかける。

サカナちゃんは最近、ヨーグルトなどフルフルとした口触りのものが苦手なので、これも食べてくれませんでした・・・
by cetaittresbon | 2014-02-27 00:00 | 食べること | Trackback | Comments(0)
c0024980_723695.jpg

これもまたレシピ整理。

おつまみです。
ミックスナッツ、ベーコンの薄切り、エシャロットの薄切りを炒めて、砂糖を加えてカラメル状にしたものなのですが、余り好きなおつまみではありませんでした。


話は変わりますが、最近すっかり春天気のジュネーブ。
数ヶ月ぶりに、近くの公園に行ったのですが、そこにいた三歳位の女の子に、ごく軽い障害がありました。
寒くなる前のサカナちゃんは、絵に描かれたボールと本物のボール、絵に描かれた犬と本物の犬が結びつけられなかった位なので、公園にいる子供たちも、大雑把な捉え方でした。

でも、この数ヶ月でぐんと変わったサカナちゃん。
その女の子の障害のある部分を指して、
”痛そう・・・”
というように、顔をしかめて私に訴えてきたり、その子に
”あーあーあー?”
と質問系で話しかけます。

とっさの事で、日本語で、
”そうだね、サカナちゃんとは少し違うね。
でも、痛くないから大丈夫よ。
さあ、一緒に遊ぶ?”
と、遊ばせようとしたのですが、その女の子はサカナちゃんに指差されて傷ついた顔をするし、サカナちゃんは、”違うもの”に恐怖心を抱いたようで、その子に近づこうとしません。

結局、数分後には、何事もなかったように、お互いに、他の子に対するのと同じように接していたのですが、サカナちゃんも大きくなってきて、色々なことを認識、理解するようになり、世の中との関わりも増えてきました。

障害のある人、肌の色の違う人(これは半分近くが外国人のジュネーブでは、小さい頃から違う肌の色の人の中で大きくなるので、問題はないと思いますが)、色々な習慣の人たちに、偏見なく接しさせるように、自分たちの考え方もしっかり持って準備しておかないといけないなと思いました。
by cetaittresbon | 2014-02-24 00:00 | サカナちゃん | Trackback | Comments(2)
c0024980_6212740.jpg

最近またまた、溜め込んだレシピの試食に凝っているので、これも数年前にテレビで見て印刷していたレシピ。

クリームブリュレに使うクリームを、生のバジルの葉とバニラの鞘、バニラビーンズと一緒に沸騰させ、火から下ろして30分以上置き、バニラの鞘とバジルの葉を取り出します。
後は、普通のクリームブリュレと同じ作り方です。

バニラ、お土産で頂いたものがあるのですが、もったいないので、バジルの葉っぱだけ使い、30分置いてバジルを取り出したところに、バニラビーンズを加えました。

これはなかなか好み。

友人宅での恒例のクリスマスパーティーで、毎年、翌年の抱負、希望、を書くのですが、三年連続で、物を減らす、が入っていて、今年こそは・・・と、毎週2カ所位整理しています。
仕切りもなく道具を放り込んでいた台所の引き出しも、仕切りを買って来て、必要なもの、処分するもの、整理しました。
あとは、洋服関連を、収納場所の五分の一位、整理。

このレシピ整理もその一つ。
六月までに、溜め込んだレシピを、捨てるもの、試食してみるものに分け、試食してみるものは全部作ってみようと思います。

でも、我が家で一番溜め込んでいるのは、地下の倉庫・・・。
結構広いのと、捨てられない性格なので、使わないものは、次回のフリーマーケットで売ろうと、かなり溜め込んでいるのですが、最近は、更に
”サカナちゃんが将来使うかも”
という言い訳(?)が増えたので、すごいことになっています。
確かに、私も母が使っていたものを結構沢山愛用しているし、こちらの若者の多くが、高校を卒業したら一人暮らしになるので、そういう時に基本的な調理道具などは、助かります。
義弟も一人暮らしを始めた時、食器類、鍋類は全て、義祖母の使わなくなったものを譲り受けていました。

これも
・寄付するもの
・寄付するにはもったいなく、昔好きだったけれど今は使わず、好みが分かれそうなもの
→初夏ー夏の蚤の市に参加して売るもの
・基本の道具、食器で、長期保管が出来る、サカナちゃんが使えるもの

と、五月までに分けるのを、目標にしようと思います・・・。
by cetaittresbon | 2014-02-23 00:00 | 食べること | Trackback | Comments(0)

子牛のパン包みロースト

c0024980_7221398.jpg

テレビで見た料理を自分が作りやすいようにアレンジして。

子牛ロティ用(肩) 約300g、3cm厚さ位
耳のない、長方形のイタリアン食パン 1−2枚
乾燥ポルチーニ (少量の牛乳で戻す) 適量
子牛の白いソーセージ 1本
マスタード 小匙1
エシャロット

1)子牛は冷蔵庫から出して室温に置く。
2)オーブンは150度に温める。
3)子牛の白いソーセージは皮を外し、乾燥ポルチーニを戻した牛乳と一緒にミキサーでペースト状にし、マスタード、エシャロット、乾燥ポルチーニを加えてよく混ぜる。
4)パンを麺棒で軽く伸ばし、子牛のソーセージのペーストを塗り、子牛を乗せて、巻き終わりが下になるように巻く。
5)オーブンに入れられるフライパンにオリーブオイルとバターを熱し、子牛をパンの繫ぎ目が下になるように置き、両面こんがりと焼く。
6)オーブンに入れて15分焼き、5分程休ませる。

ソースは、お肉を別のお皿に乗せて休ませている間に、フライパンに残った肉汁にワインを加えて煮詰めて作りました。
パイ包みよりも軽くて美味しかったです。
by cetaittresbon | 2014-02-22 00:00 | 食べること | Trackback | Comments(0)

水炊き

c0024980_710554.jpg

友人たちと家で食事会。
魚介アレルギーの人がいて、出汁を沢山使う和食で魚なしはあまり思いつかなかったので、水炊きにしました。
せっかくなので、美味しい鶏肉と、キャベツも柔らかくて美味しいトンガリキャベツを用意したので、自分で言うのもなんですが、美味しく出来ました。
たれは、沢山作って常備しているポン酢と、胡麻だれ。
最後の雑炊までお腹いっぱい食べました。
その後お持たせの抹茶ケーキを食べ、2時頃まで楽しい時間を過ごしました。

この日は、お土産に、上等のワインや、上等のパヴェチョコレート、手作りの抹茶ケーキ、パリ土産のmaison de la truffeのトリュフ塩など、色々といただいてしまい、食事会の後も楽しんでいます。
by cetaittresbon | 2014-02-21 00:00 | 友人と家ごはん | Trackback | Comments(4)
c0024980_6515043.jpg


早いもので、市役所での結婚式から10年。
お祝いに、ローザンヌの近くにあるレストラン、Restaurant Crissierに行って来ました。
全体的に何もかもがカジュアルなスイスには珍しく、車も係の人に預けるシステム。
レストランの雰囲気もモダンで、でも重厚な雰囲気、従業員も多く、丁寧、かつフレンドリーで、完璧なサービスでした。

料理も、どれも盛りつけも美しく、美味しかったです。
アミューズから数えると10品くらいあったのですが、お腹がいっぱい、でも気持ち悪くなる程の量ではなく、最後まで美味しくいただきました。

牡蠣&シャンペンソース&キャビア、フォアグラ、伊勢エビなど、豪華な素材がたっぷりでどれもよかったのですが、特に印象に残ったのが、写真のもの。
特にジュネーブで食べられる野菜、カルドンのムースをスパゲッティ、トリュフを練り込んだスパゲッティで巻き、ソースにも千切りにしたトリュフがたっぷり。

四時間以上もかけてゆっくり食事を楽しんだ後は、厨房にも案内して下さり、最後まで満喫しました。
気軽に行けるレストランではありませんが、また来れるといいなと思います。
by cetaittresbon | 2014-02-20 00:00 | Resto・ジュネーブ&近郊 | Trackback | Comments(0)
c0024980_6391412.jpg

ぐるなびのようなLa Fourchetteというサイトがあるのですが、これは電話で予約しなくても、携帯から、パソコンから、簡単に予約が出来るので、フランス語で電話するのが苦手な私にもぴったり。
その上、いくつかのレストランで30パーセント引き、50パーセント引き、などの割引をする週があるので、私はその日に割引のあるレストランを主に利用しています。

今回は、オーストリア友人、イタリア友人と 2la rueという、デパートManorの近くのお店に行って来ました。
・・・お客さんは私たちだけで、かなり心配だったのですが、どれも新鮮な素材で、美味しかったです。
そして、久々のガールズナイトは話すことが沢山で楽しかった!
イタリア友人は、オーストリア友人を通して知り合って間もないのですが、私と同じ年で、子供もサカナちゃんより一歳上と年も近い上、好きなもの、興味のあるものが似ているので、話していて楽しいです。
by cetaittresbon | 2014-02-19 00:00 | ジュネーブ&近郊の店 | Trackback | Comments(0)

おつまみ三種

c0024980_6215262.jpg

溜め込んでいた、インターネットから印刷したレシピから三点作ってみました。
キヌアにコリアンダー、パセリ、ミントなどハーブを混ぜたもの。
キヌアを茹でる時に塩を入れすぎたのか、塩がきつくなってしまったのが失敗ですが、それ以外は美味しかったです。

More
by cetaittresbon | 2014-02-18 00:00 | 食べること | Trackback | Comments(0)

ソフィピックのレシピで

c0024980_6171544.jpg

一度行ってみたいレストランのひとつが、フランスのヴァランスにあるソフィピックのお店。
彼女のレシピ本から、オイルサーディンのムースとカリフラワーのムースを作ってみました。
簡単で美味しいのですが、やっぱりレストランの料理、かなり生クリーム、バターたっぷりです。
次回はバターを三分の一分位に減らしたり、代用出来るところは低脂肪クリームか牛乳に変えてみようと思います。


c0024980_6173548.jpg

これは、美味しそう、と思ってレシピを印刷していたものから、海老と林檎とキュウリのカクテル。
これはあっさりと美味しかったです。
by cetaittresbon | 2014-02-17 00:00 | 食べること | Trackback | Comments(0)