食べること、飲むことを中心とした、生活日記


by cetaittresbon

<   2015年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧

c0024980_22373569.jpg
もう寒くはないものの、天気の悪い日が続く最近。
ショッピングセンター、Balexertに遊びに行きました。

ここは、いつも何かしらのイベントを行っていて、今回も食料品のメーカーのイベントで、トランポリンなどもあり、子供を遊ばせるのには良かったです。
あと、一人2フランのこの汽車も、ショッピングセンター内をぐるっと一周するので、色々な人に手を振ったり、おもちゃ屋さんの前を通ったり、喜んでいました。

あと、知らなかったのですが、一時間6フランで預けられる託児所もあります。
私がBalexertに行く時は、色々と遊ばせて、お昼寝タイムになったところでベビーカーに寝せ、寝ている間に買い物を楽しむので、今のところは、預ける必要はありませんが。

Balexertは、ジュネーブには珍しく、子供や幼児用のオムツ替えスペース、子供と一緒に入れるトイレなど、子連れの設備が充実しているのもよいです。

ジュネーブは、東京と比べると、おむつ替えスペースも本当に少ないですし、設備面では充実していません。
でも、身体障害者の人々と同じように、”子連れ”も100%社会の一部で、必要以上に気を使わなくていいという面で、とても楽ですし、ストレスが全くありません。
外出する時に、階段や、ベビーカーを持ち上げて乗らなくてはいけない乗り物がある事が分かっていても、絶対に誰かが手伝ってくれるので、大丈夫です。
小学生位の子供から年配の人まで、助けが必要な人を手伝う事が普通の行為ですし、停留所に着くと、席を譲らなくていけない人が乗って来ないか、自然に周りに気を配るので、お年寄りも妊婦もすぐに席を譲ってもらえます。

でも、不思議なのが、ベビーカーでバスに乗ると、必ずと言ってもいい程、ベビーカーを押している両親も席を譲られる事です。
お年寄りの方が、譲ろうと声をかけて下さる時も多々あります。
私は別に重いものを持っている訳でも、子供を抱いている訳でもないので、断るのですが、あれはどうしてなのでしょう。
ベビーカーを押していて疲れたでしょう、ということなのかな。
謎です。


by cetaittresbon | 2015-04-30 00:00 | 日々のこと | Trackback | Comments(2)

アクセサリー作り

c0024980_06323455.jpg
二月末に参加した、銀を溶かして型に流し込んでモチーフを作るテクニックのワークショップで沢山作ったモチーフ、ようやく半分がアクセサリーになりました。

去年も花と葉のモチーフは作ったのですが、何となくもったりした感じになり、去年はそれはそれで気に入っていたのですが、今年は、もっと薄くして、端を少し曲げたりして動きを付けたかったので、とにかくうすーく削りました。
c0024980_06325065.jpg

でも、これは少し戦略ミスでした・・・。
薄くし過ぎ、アクセサリーとして他のパーツに溶接するのに、形を整えようにも、薄過ぎて、削る場所がなく、かなり苦労しました。
c0024980_06330248.jpg
でも、葉や花びらに少し動きも付けられたし、満足。
この白っぽいのは、一部しか研磨しなかったからで、わざとです・笑。

あと、この花のブレスレット作りも大変でした。
このイメージで作りたかったので、そういう意味では成功なのですが、実際に装着するのは、かなり大変です。
先生にも、最初の段階で、これだとはめられないと注意され、試行錯誤して改善してはいるのですが、それでも、簡単にささっと使えるブレスレットではありません・笑。
実用性も考えて作れるようになるのは、まだまだ先のようです。


by cetaittresbon | 2015-04-29 00:00 | 楽しむ(遠出など) | Trackback | Comments(0)

野菜のStrudel

c0024980_06232481.jpg

先日のレストラン、L'Adresseで友人とシェアした前菜が美味しかったので、家でも作ってみました。
さっと蒸し煮した生のグリーンピースとほうれん草にオリーブオイル、トリュフ塩をふりかけ、目玉焼きを乗せて。
生のグリーンピースも大好きです。
これを鞘から外すのも、サカナちゃんの好きなお手伝いの一つなので、また買って来よう。

c0024980_06233463.jpg
あと、先日のサンデーブランチで、私はApfelstrudelを作って行って、今までの中では一番上手く出来たと思っていたのですが、オーストリア友人の作って来た、野菜のStrudelの生地の薄さに愕然。
コツを聞くと、生地を一晩以上、冷蔵庫で寝かせることだそうです。
私のレシピでは、1時間弱、30度の場所で寝かせる、だったので、寝かせる時間だけ変更し、材料の配合などはそのままで試してみたのですが、本当!
かなり薄く伸ばせるようになりました。

この日作ったのは、ズッキーニ、茄子、クリームチーズ、マンゴーチャツネのStrudel。

c0024980_06234325.jpg
別の日は、キャベツ、マンゴーチャツネのStrudel。
クミンも入れようかと思ったのですが、サカナちゃんが嫌がりそうなので、やめました。

この野菜のStrudel作り、暫くはまりそうです。


by cetaittresbon | 2015-04-28 00:00 | 食べること | Trackback | Comments(0)

歯医者さん

c0024980_06140393.jpg
歯科矯正の終わった今、歯医者さんは年にそう何回も行かないので、前の家の近くの歯医者さんに通い続けていたままだったのですが、サカナちゃんの検診もそろそろ始めることにしたタイミングで、家の近くのショッピングセンターに入っているところに替えました。

これが、広々としていて、家具もおしゃれで、歯医者さんとは思えない空間。
デザインホテルか、高級スパのようです。
この翌日、私の歯のクリーニングをしてもらったのですが、本当にピカピカにしてくれて、大満足。
c0024980_06135064.jpg
サカナちゃんの検診も、歯医者に来るのが初めてだということで、器具の説明から、どうして検診をするかの説明、実際にどんな検査をするか、入れ歯をはめたワニの人形を使って、サカナちゃんに実際に器具を使って検診させたり、じっくり説明してくれた後、口をあけて、と言うと、それまでとても楽しんでいたのに、しっかり口を閉じたまま、首を振るサカナちゃん・笑。
でも、絶対に強制せず、サカナちゃんが自分から口を開けるまで、色々と話したり、膝に乗せたり、じっくり時間をかける先生で、驚きました。
親の私たちの方が、
”もう、いい加減に開けなさい”
とイライラしていた位なのに。

でも、先生のお陰で、歯医者さんに嫌な印象を持つ事もなく、最初の検診は終わり、家に帰って、人形相手に歯の検査をしていました。
あと、この日の夜から、歯磨きも、今までよりもずっと楽しんでしてくれています。




by cetaittresbon | 2015-04-27 00:00 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

サンデーブランチ

c0024980_06000373.jpg

サンデーブランチ当日。
殆どの料理は、昨夜、私がレストランに行っている間に、会場の家の友人が家に車で取りに来てくれていたので、サカナちゃんと、いくつかの料理だけ持参で会場入り。
この日は、私は、パイや春巻きなど、出来立てでないので少しシナっとなってしまったものをオーブンでぱりっとさせ、あとは綺麗に並べるだけだったのですが、デコレーションにこんなに時間がかかるとは思いませんでした・・・。
料理の半分以上を作っているオーストリア友人は、二時間半前にはドイツ友人の家に来て、料理を並べていたそうです。彼女は完璧主義で、食卓に乗せるものは美しくないと嫌なので、余計に時間がかかるというのもあるとは思いますが。

まずは、メインの部屋の塩系のテーブル


c0024980_06002583.jpg
別のスペースの塩系

c0024980_06013767.jpg
キッチンは、デザート
c0024980_06011220.jpg
今回、オーストリア友人は何と、ジュースまで手作り・・・!





More
by cetaittresbon | 2015-04-26 00:00 | 催しもの・家族行事 | Trackback | Comments(0)

L’Adresse

c0024980_05352750.jpg

とっても慌ただしい一日でした。
昨日の夜、私がサカナちゃんの腕を引っ張って立たせようとしたのと同時にサカナちゃんがしゃがみ、肘内障になってしまいました。
最初は、そうかなと思い、病院に行こうと思ったのですが、その後、心配する私たちに、テレビが見たい、チョコが食べたいなどと、ここぞとばかりに我がままを言うのと、腕ではなく、手の甲を押さえて痛がるので、肘内障ではないかも&大したことはないかもしれない、様子見ようと言う事になり、一晩添い寝して様子を見ていたのですが、一度夜中に悲鳴をあげて起き、大泣きしたので、翌日に病院に行くことにしました。
でも、翌朝になるとまたケロっとしていて、でも相変わらず手の甲を反対の手で押さえているので、年の為に病院に行く事にしました。

そうしたら、結局肘内障で、お医者さんがコキっと捻って治してくれました。
お医者さんの説明では、手の甲を押さえていたのは、一定の方向に腕を捻ると痛いので、それを防ぐ為だったそうです。
一度、肘内障になると、外れやすくなると言うので、それ以来、手を引っ張らないように気を付けているのですが、手を繋いでいて、急に走り出したりもするので、そう簡単ではありません・・・。

救急で行ったのですが、毎回の事ながら数時間待たされ、病院を出たのが15時過ぎ。
この翌日は、お手伝いしているNGOのサンデーブランチがあり、今回は私も料理を担当しているので、家に着いてから、休む間もなく料理、料理、料理。

この日は、ロンドンから友人が来ていて、夜約束をしていたのですが、料理が作り終わったら・・・と保留にしてもらっていたものの、なんとかギリギリ作り終わりました。
そのまま、大急ぎで着替え、EauxーVivesにあるレストラン、L'Adresseへ。
ここは、レストランと洋服屋さんが一緒になったお店で、内装なども好み。
c0024980_05354376.jpg

メインに、ブリのタタキがありました。
ブリ、大好物なのですが、ジュネーブでもフランスの朝市でも見た事がないので、迷わずこれに。
c0024980_05360555.jpg
久々のブリ、本当に美味しかったです!

20時に集合でアペリティフ、結局食事を始めたのは22時過ぎで、レストランを出たのは0時過ぎ・・・。
土曜日の夜だったので、食事の後、皆は常連のクラブ、La Garconniereに向かいましたが、昨夜も殆ど眠れず、今日も一日ストレスフルで、翌日も朝から料理の仕上げをしないといけない私は、そのまま家に帰りました。

長い一日でした・・・。


by cetaittresbon | 2015-04-25 00:00 | Resto・ジュネーブ&近郊 | Trackback | Comments(0)

Lausanne

c0024980_05225575.jpg
友人と、ジュネーブから電車で30分強のローザンヌに出かけて来ました。
ローザンヌは何しろ坂が多いので、中央駅から中心部に行くだけで足がガクガク・笑。
ウインドウショッピングを楽しみながら、ぶらぶらと散策し、またレストラン予約サイト、La Fourchetteで50パーセントになっていたレストランへ。
c0024980_05231273.jpg
前菜は、海老のピリ辛ソース煮と、マグロのタタキ山椒ソースを友人とシェア。
海老のピリ辛ソースは、少し火が通り過ぎだったのと、海老自体そこまで新鮮でなかった感じで、イマイチでしたが、最初にマグロをそのまま、それから乗っている生の山椒の花を食べ、それからまたマグロを食べるという、このタタキはとても美味しかったです。
山椒の花で舌に麻酔をかけ、それからまたマグロを食べると、味がインテンシブに感じられる、との説明でした。
c0024980_05232462.jpg
メインは、fillet du percheとタルタルソース、イカ炭のパスタにセロリのピュレ、そしてサラダというもの。
この組み合わせは少し謎でしたが、それぞれはとても美味しかったです。

そして、50パーセント引きだったこともありますが、飲み物を抜くと、メインと前菜で15フランという驚きのお手頃さ。

食事の後は、またお店を冷やかしながら散歩し、美味しいケーキを食べて帰宅。
あっという間でしたが、気分転換になった遠出でした。

by cetaittresbon | 2015-04-24 00:00 | 楽しむ(遠出など) | Trackback | Comments(0)

植物園

c0024980_05183804.jpg
ぽかぽか陽気の木曜日、また植物園に行って来ました。
サカナちゃんも、花を摘んだり、大きな木の空洞で遊んだり、砂場や公園で遊んだり、カフェで特別にチョコのアイスを食べたり、満喫していました。

メリーゴーランドは、土日と、水曜日(学校が午後半休、又はお休み)だけの営業で乗れなかったのだけが残念でした。
c0024980_05180358.jpg


by cetaittresbon | 2015-04-23 00:00 | 楽しむ(遠出など) | Trackback | Comments(0)

THFのオイスターバー

c0024980_07474917.jpg
Paquis地区にある美味しいハンバーガー屋さんの奥にあるオイスターバーに行って来ました。
牡蠣三種とワインのセットを注文したのですが、美味しかったです(高かったけれど・笑)。
ここは雰囲気もとても好き。
c0024980_07475895.jpg
牡蠣三個ではもちろんお腹がいっぱいにはならず、結局ハンバーガーを。
ここのハンバーガー、好きです。
暖かい日だったので、テラス席で、初夏の気分でした。

by cetaittresbon | 2015-04-22 00:00 | Resto・ジュネーブ&近郊 | Trackback | Comments(0)

おもちゃの寄付箱

c0024980_07435338.jpg

家の近所の設置されたこの箱は、不要になった子供用の本やおもちゃなどを入れるものです。
そうすると、欲しい人が取っていきます。
通る度に覗いているのですが、いつも中身が入れ替わっているので、結構沢山の大人や子供がここから欲しいものを見つけているようです。
私も、サカナちゃんが使わなくなったベビーおもちゃなどを時々入れるのですが、数時間後にはもうありません。
とても良いシステムだと思います。


by cetaittresbon | 2015-04-21 00:00 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)